2017年01月31日

秋元康さんはどんな顔して口移しのチョコレートの歌詞を書いたのか

1: 47の素敵な(関東・甲信越)@\(^o^)/(ガラプー KK67-chuL) 2017/01/22(日) 21:30:29.69 ID:vpTp1hczK.net

やっぱ酔った勢いかね


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | よしりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月30日

小林よしのり「映画評論家は「理屈」で評価するから「感覚」の『君の名は。』を理解できないのは当然だ」

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 13:31:28.17 0.net

理屈好きな大人でさえ、それを言語化できないほどに娯楽に徹していたから凄いのである。
ttps://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jozt3kcqr-1998#_1998

キネマ旬報で1位は「この世界の片隅に」で、2位が「シン・ゴジラ」だという。
「君の名は。」は圏外だったらしい。

まさに、やっぱりなという評価である。評論家は映画を「理屈」で見るのだ。
だが、少年少女や一般庶民は映画を「感覚」で見る。

評論家が好む映画には「言葉」や「理屈」がべったり張り付いている。

だが、庶民が夢中になる映画は「無意識」で何かを感じているのだが、それを言葉に昇華できない。
本当に重要なことは、少年少女の「無意識」が何を受容しているのかという洞察だ。
大人は少年少女の「無意識」を分析できない。
それは、これからの世界を創造する未来人の「感覚」だから仕方がないのだ。

「この世界の片隅に」は原作を読んでないから、映画とどんな違いがあるのかが分からない。
だが、玉音放送の後の主人公の絶叫シーンで、評論家は確実に「反戦平和」を確信して、安心して評価するのだ。
そういう左翼臭は気にいらない。

それでも戦時中の生活感を再現してくれた丁寧さは面白かったので、総じて良質の映画だったなという感想はある。

「シン・ゴジラ」は見てる最中から「理屈」と「言葉」が溢れ出してきて、童心ではさっぱり見れなかった。
わしはハリウッドの「ゴジラ」や「キングコング」の方が好きである。童心だけで見れるからだ。

本物の知性は少年少女の「無意識」に何が生まれているのかを洞察できなければならない。
「君の名は。」には現代社会で最も重要なメッセージが内包されているのだが、
理屈好きな大人でさえ、それを言語化できないほどに娯楽に徹していたから凄いのである。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | よしりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする